Angular SSR on Docker

Angular v17で簡単になったSSRを、Dockerでビルドしてデプロイできるようにする。やることは単純で、特に落とし穴になるようなことはない。

まずは ng new コマンドでアプリケーションを作成する。 --ssr フラグをつけなくても、プロンプトでSSRを有効にするかどうかは尋ねられるので、そこでYesと答えてもよい。

$ ng new ng17-ssr-docker --ssr

正しくアプリケーションを作成できていれば、この時点で ng build を実行すればSSR用のサーバーを立てるのに必要なファイルと設定はすべて済んでいる。ビルドを実行して出力された dist/server ディレクトリが存在すれば問題ない。

$ npm run build
$ tree dist/
dist/
└── ng17-ssr-docker
    ├── 3rdpartylicenses.txt
    ├── browser
   ├── favicon.ico
   ├── index.html
   ├── main-XALV5XXG.js
   ├── polyfills-LZBJRJJE.js
   └── styles-5INURTSO.css
    ├── prerendered-routes.json
    └── server
        ├── chunk-53JWIC36.mjs
        ├── chunk-KRLCULJA.mjs
        ├── chunk-VP7Q5FIC.mjs
        ├── chunk-YGUSPAT3.mjs
        ├── index.server.html
        ├── main.server.mjs
        ├── polyfills.server.mjs
        ├── render-utils.server.mjs
        └── server.mjs

この中の server/server.mjs をNode.jsで実行するとサーバーが起動する。試しに node コマンドを実行して確認しよう。デフォルトではlocalhostの4000番ポートでサーバーが起動するので、ブラウザで開いてSSRされたHTMLが返却されていることがわかるはずだ。

$ node dist/ng17-ssr-docker/server/server.mjs
Node Express server listening on http://localhost:4000

あとはこれを任意のNode.js環境にデプロイすればいい。Dockerを使う場合、最小構成は次のようになる。やることは、ビルド後の dist ディレクトリの中身をコピーし、 server/server.mjs を実行するだけだ。サーバーサイドのスクリプトもAngular CLIによってバンドルされているため、実行環境で npm install をする必要はない。

FROM node:20-buster-slim
WORKDIR /app
COPY dist/ng17-ssr-docker/ /app
CMD node server/server.mjs

ビルドもDockerに任せたい場合はマルチステージビルドを使ってもよいが、個人的にはおすすめしない。昨今いろいろなCLIツールは永続キャッシュによる高速化が図られていることが多く、Dockerでビルドさせるとその恩恵が得にくいケースが多い。工夫すればできないことはないだろうが、物事をシンプルに保つうえであらかじめ ng build しておいた結果をコピーするだけに留めておくほうがよかろうと思う。

あとは適当にDockerイメージをビルドしてデプロイすれば終わりだ。いやあ簡単になったものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 misskeyshare donshare