ng-conf 2017 3日目 Keynoteメモ

アメリカ・ソルトレイクシティで4/5から開催中のng-confに参加しています。 3日目のKeynoteの内容を現地からかいつまんでまとめます。

Keynote

  • スピーカー
    • Brad Green
    • Rob Wormald

GoogleにおけるAngularについて

  • GoogleはAngularの上に成り立っている
    • 200以上のAngularアプリケーションが動いている
  • 2017年の目標
    • JavaScript (Closure)からTypeScriptへの自動変換ツールの開発
    • Material 1とMaterial 2の共存
    • Google Angular Courses
    • GoogleのAngularエンジニアによるトレーニング内容の公開
    • これまでに59人のトレーナー、19のオフィスで3000人以上のGooglerが受講した
  • AngularJSからAngularに更新中のパブリックなアプリケーション
    • Cloud Platform (コンソール)
    • Google Analytics (管理画面)
    • Firebase (コンソール)
    • Google Express
  • なぜAngularをオープンソースにするのか
    • 開発費の問題
    • エコシステム: ツールやIDEの拡張など
    • トレーニング: たくさんの教材が公開される。Googleでもegghead.ioを使っている
    • 雇用: オープンソースにすることでAngularのエンジニアを採用しやすくなる
    • 品質: Google外のユースケースで使われることで品質が高まる
  • 2017年2月のGoogle
    • Angularは使われ始めたが、TypeScriptとAngular CLIは使われていなかった
    • 何故か?
    • Googleの公式採用言語
    • C/C++
    • Java
    • JavaScript (Closure)
    • Python
    • Go
    • Googleでは新しい言語の採用プロセスがある
    • 約2年ほどかかる
    • ついにTypeScriptが承認された!
  • 2017年4月からGoogle社内でTypeScriptが使えるようになった
    • CLIはまだ採用されていない
  • Google社内のツール事情
    • Bazel + Closure
    • Bazel
    • 高速、スケーラブル、柔軟、安定、リビルド性
    • http://bazel.build
  • Angular with Bazel and Closure (ABC)
    • ソースコードはTypeScript
    • Bazelでビルドし、Closureで最適化する
    • まずはAngular Coreで実験し、Angular Materialに採用されたら外部のアーリーアダプター向けに展開していく

Angularプラットフォームについて

  • 愛されるアプリケーションを作るためにどうすればいいか
    • モバイルでは初期レンダリングが遅いと離脱される
    • インタラクティブなアプリケーションでありながらモバイルで高速に起動する必要がある
  • @angular/platform-server
    • 旧Angular Universal
    • App Shellによりインタラクティブで高速なアプリケーションを作る
  • App ShellはService Workerと相性がよい
    • キャッシュによるオフライン化
    • Angular Service Workerでオフラインキャッシュを簡単に実現する
  • Angular Coreからは特定のWebアプリケーション・サーバー向けにライブラリを出さない
    • 単純にNode.jsによってHTMLをレンダリングするAPIだけを提供する
    • Expressのengineなどはコミュニティ主導で開発してほしい
  • AMP + PWA
    • AMPに対応したページはGoogle検索で有利な表示をされる
    • PWAと連携させるフローを考案中
    • AMPページを高速に表示し、バックグラウンドでService Workerをインストールする
    • PWAへ誘導することでApp Shellのキャッシュなどが済んだ状態で高速にアプリケーションを起動できる

1日目同様に新発表などはほとんどありませんでした。キーワードはTypeScriptABCplatform-serverでしょうか。 GoogleでTypeScriptが公式に採用されたのは大きなニュースかもしれません。これまで以上にAngularとTypeScriptの関係が親密になりそうな予感がします。 動画はすでに Youtubeに公開されているので、もっと細かくチェックしたい方は参照してください。

それではこれから日本に帰ります。さよならソルトレイクシティ!


comments powered by Disqus